2022年5月5日(木) 午前船

ヒラメ 1.5〜4.26kg 0〜1枚 大原〜太東沖
イサキ 23〜36cm 7〜48尾 大原〜太東沖
天気は晴れ。

ヒラメ船は水深40m前後
サイズは良型揃いで、適度に流れたが、底潮冷たいのか本命のアタリは少なかった。外道でマハタ、カサゴ、マトウダイ混じる。水温16.2度。澄み。

イサキ船は水深15〜30m
前半は反応あってもアタリ悪かったが、後半は次第に口を使う様になり、順調に釣れました。水温17.0度。澄み。

2022年5月4日(水) 午後船

真鯛 0.3〜0.5kg 0〜3枚 太東沖
天気は晴れ。

真鯛船は水深23〜43m
アタリ多く、型があったが、流れ速く海も悪く釣り辛く、アタリの割に食いが悪かった。外道でマハタ、カサゴ、キントキ、メバル、ウマヅラハギ、フグ混じる。水温16.5〜17.0度。澄み。

2022年5月4日(水) 午前船

イサキ 23〜37cm 7〜50尾 太東〜大原沖
真鯛 0.3〜1.0kg 0〜6枚 太東沖
ヒラメ 0.4〜1.5kg 0〜3枚 太東〜大原沖
天気は晴れ。

イサキ船は水深16〜32m
海悪く釣り辛い中でしたが、終日、順調に型がありました。
後半、良型も混じりました。水温17.0度。

真鯛船は水深23〜43m
よく流れたが、澄み潮で餌取り多かったが、中盤に1kgサイズも混じりました。水温16.5度。澄み。

ヒラメ船は水深10〜50m
深場からスタートしたが、アタリが少なく、潮も速く苦戦。
浅場へ移動し、型程度でした。外道でマハタ、イナダ、カサゴ、ガンゾウビラメ混じる。水温17.0度。澄み。

2022年5月3日(火) 午後船

真鯛 0.3〜1.8kg 0〜2枚 太東沖
天気は晴れ。

真鯛船は水深25〜43m
徐々に流れ良くなり、青物の反応もあり、中鯛(1.8kg1.5kg1.5kg)も混じって型があり、外道もイナダ、カンパチ、マハタ、カサゴ、メバル、ホウボウ、ハナダイが混じりました。水温15.0〜15.8度。濁り。

2022年5月3日(火) 午前船

ヒラメ 1.2〜6.26kg 0〜2枚 大原〜太東沖
イサキ 23〜35cm 3〜50尾 太東〜大原沖
真鯛 0.3〜0.5kg 0〜4枚 太東沖
天気は晴れ。

ヒラメ船は水深30〜45m
流れ不足気味でしたが、特大鮃も釣れ、2kgオーバーの良型主体でつれました。数は伸びませんでした。外道つまカサゴ、マトウダイ、マハタが混じりました。水温15.2度。澄み気味。

イサキ船は太東〜大原沖18〜32m
朝から中型主体で好調に釣れました。
後半、ポイント移動しながら、良型混じりで釣れました。水温15.6度。澄み気味。

真鯛船は水深20〜43m
昨日より流れて、アタリ多く外道も混じり、終日、型がありました。
外道でマハタ、カサゴ、メバル、ハナダイ混じりました。水温15.5度。薄濁り。

2022年5月2日(月) 午後船

真鯛 0.3〜4.8kg 0〜4枚 太東沖
天気は晴れ。

真鯛船は水深25〜45m
全く流れなかったが、後半、イナダの反応もあり、大鯛や1kgオーバーも釣れました。外道でイナダ、カサゴ、ハナダイ、ウマヅラハギが混じりました。水温15.0度。薄濁り。

2022年5月2日(月) 午前船

ヒラメ 0.5〜5.0kg 0〜1枚 太東〜大原沖
真鯛 0.3〜0.8kg 0〜8枚 太東沖
天気は晴れ。

ヒラメ船は水深20〜45m
前半、流れず苦戦したが、凪てきて横流しで大鮃(5.0kg3.4kg)混じり型はありました。水温15.6度。澄み気味。

真鯛船は水深15〜43m
前半、アタリ多く順調に釣れました。後半、全く流れなくなり型程度。
外道でマハタ、カサゴ、ホウボウ、ウマヅラハギ、ハナダイ混じる。水温15.0度。薄濁り。
3 / 550« 先頭...234...最後 »