2020年2月20日(木) 午前船

ヒラメ 0.5〜2.9kg 0〜4枚 太東沖
オニカサゴ 1.0〜1.3kg 1尾ずつ 勝浦沖
真鯛 0.3〜3.5kg 1〜3枚 太東沖
天気は晴れ。

ヒラメ船は水深15m前後
終日、イワシの反応あり、適度に流れ2kgクラスの良型主体で、順調に釣れました。18名で0尾は1名様でした。船中43枚。水温14.3度。澄み気味。

オニカサゴ船は水深116〜215m
サバ50〜55尾
サバは良型も混じりながら好調に釣れました。
オニカサゴは流れ悪く、型程度でした。外道でメダイが混じりました。水温15.7度。澄み。

真鯛船は水深10〜40m
イワシの反応の中で大鯛(3.5kg3.1kg)GET。
通常営業で真鯛の型もあり、外道も豊富に混じりました。水温13.0度。濁り。

2020年2月19日(水) 午後船

真鯛 3.2〜5.3kg 0〜2枚 太東沖
天気は晴れ。

真鯛船は水深10〜18m
イワシの反応追いかけて大鯛(5.3kg5.0kg3.2kg)GET‼︎
他にも良型のバラシありました。17.0度。濁り。


☆イワシパターンで狙う可能性ありますので、スイムシュリンプ・タイラバ・タイジグ・SLJ
どれか一つでもテンヤと一緒に持ってきて頂けるといいと思います。

2020年2月19日(水) 午前船

ヒラメ 0.6〜3.0kg 1〜4枚 太東沖
真鯛 0.3〜2.5kg 0〜2枚 太東沖
天気は晴れ。

ヒラメ船は水深12〜16m
今日もイワシの反応あり、2kgクラス主体で好調に釣れました。水温13.6度。薄濁り。竿頭は習志野市の芳原さん。

真鯛船は水深25〜40m
アタリ多く、中鯛混じりで釣れました。放流サイズ多く数が伸びませんでした。

2020年2月18日(火) 午後船

真鯛 0.3〜1.8kg 0〜4枚 太東沖
天気は曇り。

真鯛船は水深15〜40m
前半、イワシの反応追ったが不発。 沖のポイントに移動後、アタリ多く、中鯛も混じりました。外道で、マハタ、カサゴ、メバルが混じりました。水温15.0度。濁り。

2020年2月18日(火) 午前船

ヒラメ 1.0〜4.3kg 0〜5枚 太東沖
天気は晴れ。

ヒラメ船はイワシの反応多く、2〜3kgクラスの良型揃いで絶好調に釣れました。
4.3kg3.7kg3.6kg3.5kg3.4kg3.1kg3.0kg3.0kg3.0kg
2kgオーバー10枚。
大鯛6.3kg5.8kg3.8kg混じる。

2020年2月16日(日) 午前船

ヒラメ 0.5〜2.4kg 0〜2枚 大原沖
オニカサゴ 0.6〜1.9kg 0〜2尾 勝浦沖
真鯛 0.3〜0.8kg 0〜4枚 太東沖
天気は雨。

ヒラメ船は水深6〜40m
沖のポイントから始め、マハタのアタリ活発で船酔い者以外は全員ゲット。後半、浅場で良型ヒラメも混じりました。水温15.8度。澄み。

オニカサゴ船は水深120〜210m
サバ20〜50尾
サバは潮型悪く、釣り辛い中でしたが、落とす度に型がありました。
オニカサゴはこまめに入れ直し、良型も混じりました。水温16.5度。澄み。

真鯛船は水深25〜40m
朝の内、流れ良く、アタリ多く型がありました。外道でマハタ、花鯛、カサゴ混じりました。水温16.0度。澄み。

2020年2月15日(土) 午前船

ヒラメ 0.6〜3.0kg 0〜3枚 大原沖
真鯛 0.3〜1.95kg 0〜5尾 太東沖
オニカサゴ 0.4〜1.5kg 0〜3尾 勝浦沖
天気は曇り。

ヒラメ船は水深18〜40m
深場のポイントから狙い、2kgクラスのマハタも混じり、大鮃も混じりました。水温16.2度。澄み。

真鯛船は水深30〜48m
アタリ多く、朝の内、中鯛連続ヒットもあり、外道も豊富に混じり好調に釣れました。水温14.8度。澄み気味。

オニカサゴ船は水深115〜200m
サバは25〜50尾
サバはサイズ混じりで順調に釣れました。
オニカサゴは適度に流れもあり、良型も混じりました。
2 / 434123...最後 »